FC2ブログ
おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
ネエさんの憧れ?

本日のお当番は「はやま」ネエさんです。自分で言うてりゃ世話ない(笑

最近の私はどうも『春ボケ』に取り憑かれているらしく、入社以来おそらく
1番といっても過言ではないくらいの大失敗をしでかし、
金曜日の昼下がり、一人フェリーに乗ってはるばる四国まで行ってみたり
(四国滞在時間は30秒 笑)お詫びの瓦煎餅を配り歩いてみたり。
靴下を左右違う物を履いて出勤してみたり…ゴミ出しが週一になっty…(強制終了)

えーーーとにかく、新入社員も入った事だしもうちょっと気を引き締めて
行きたい所です。はぃ。(せっかく頼りにしてもらってるのに、こんなでごめんね、いのうえ)

さて、火曜日はその日の記念日也、云われ也を調べてそれについて『語る』と
いうことなんで、早速調べてみました…

●4月24日…『植物学の日』『日本ダービー記念日』

私、競馬何てしませんから…とりあえず後者はスルー。というわけで
『植物学の日』について調べてみると…

『植物学の日』
1862(文久2)年、植物分類学者の牧野富太郎が高知県佐川町の豪商の家に生まれた。94歳でこの世を去るまでの生涯を植物研究に費やして、新種・変種約2500種を発見・命名し、「植物学の父」と呼ばれた。

へぇ~………凄い人がいるもんだな~……で…。
ちょっと博識高い話題がちょっと苦手で…だからコレも何てコメントしていいのかわからなくて…ということでアレに頼ろうと。

今日は植物学の日→→→今日の誕生花(植物だしな)に変換(笑)
そしてその花言葉についてお題を頂きます♪





■ 4月24日誕生花『ゼラニウム』

ひとまず、本日誕生日の方、おめでとうございます♪ヽ(´ー`)ノ
いくつか調べて一番多かった誕生花がこれ。『ゼラニウム』です。
赤・ピンク・白がポピュラーなお花で「天竺葵」なんていう和名を持つ可愛らしいお花です。

で花言葉は…『尊敬と信頼・慰め・安楽・真の友情・真実の愛情・決意・不実・貴方あっての幸福・よりいっそう好き・変わらぬ愛情

……え Σ(゚Д゚*)なんだ、このコッ恥ずかしい言葉のオンパレード。

(ツン属性にはちとキツい…)

そーですね…ここからお題を頂くのはちょ、恥ずかしい感じですが…
自分でヤルと決めたからには書かせていただこうではないかっ!

「尊敬と信頼」とやらを!(友情やら愛情はね…ちょっとね…(逃

■私の目指すべき人物像

こんな私にもちゃんと憧れている人はいます。…んーいましたと言う方がいいでしょうかね。
それは私の祖母。昨年他界してしまったのですが…。

両親が共働きである我が家では、子守りは祖母の役目でした。
祖母は大阪生まれのコテコテ関西人であり、常に明るさを身にまとって歩いてる人でした。
年の離れた弟とよく、祖母の発言をピックアップして『ばあちゃん語録』と題し今でもたまに言いあっては、笑っています。

私がとても憤慨して『腹が立つ!』何て言ってると、『腹が立ったら横になって座ってもろたらえぇねん』なんて飄々と言って退けるんです。

めんどくさい時に『コレ、頼むわ~』何て言うと『田飲ん(たのん)だら百姓さんが怒るでぇ~』なんて言ったり。

『旨(うま)かった~♪』と言うと『牛負けた~♪』と言ってにっこり笑うんです。

腹の立つ気持ちもそこでストップして、頼もうと思った事も、やっぱ自分でするかな~とか、なんで馬と牛の対決やねん(笑)と突っ込んでみたりとか…。とても頭のキレる彼女の言葉一つで私も弟もずいぶんと助けてもらったり、ドキドキやワクワクをたくさんくれたり、楽しい気持ちにいっぱいさせてもらったりしていました。

私にとっては1番近い存在であり、一緒に遊びに行ったり、二人で買い物に行ったり1番の親友のような人でした。実際悩みもたくさん相談してましたしね。

そんな彼女は『慈愛』という言葉そのものであり、隣の犬の心配までしてしまう人。
最後の最後まで自分の事よりも自分を取り巻く環境やらを心配して大切に守ろうとしていました。

だから彼女が亡くなった日のお通夜で、親戚がみんな集まって彼女の話をした時に、みんなが思い出す事は彼女の『明るさ』と『優しさ』なんです。
通夜なのに笑い声が耐えない思い出話。

彼女の器の大きさは親戚の枠を超えて彼女が関わった人すべてが知っていてたくさんの人で盛大に彼女を送り出してあげる事が出来ました。

今、私は彼女の人生の半分も生きていませんが、最後はそう言う風になれる様になりたいと言うのが私の生涯の目標でございます。

はぁーーー語ったぁ~( ´ー`)フゥー...


次回更新は4月26日(木)、担当は真夏もダウンジャケット着用令を発令した、
極度の冷え性「おおいし」 です。(なんとかしろ…)
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oishie.blog24.fc2.com/tb.php/8-9c9679f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック