FC2ブログ
おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
さくらもちもっち

こんにちは(・ω・)
昨日、一昨日はとても暖かい日が続き、もう春だなぁ~と思いました。
でも今日はちょっと冬に逆戻り。

さて、ほんだいさんから「桜餅の葉」について質問されましたよ。
「桜餅の葉」を食べるか食べないか…。
うーん、桜餅ってなかなか食べる機会がないんですよね!
小さい頃は、かしわもち感覚で葉っぱを取って食べていた気がしますが、
今はもう葉ごといただきます♥
葉の塩けが桜餅の甘さと一緒になって、美味しいんですよね。うふ
甘いもののあとにしょっぱいものが欲しくなる欲求をうまく満たしてくれるスイーツです(笑

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


というわけで、今日は「桜餅」について!

桜餅は、桜の葉を使った和菓子ですね。

桜餅ってどういう物を想像しますか?

わたしは左の写真のような桜餅を思い浮かべます。
でもこの右の写真も桜餅の写真なんですよー!
逆の意見の方もいらっしゃるのでは??

実は、桜餅は関東と関西で違うんですってー!

厳密な地域分けはわかりませんが、

江戸(関東)で作られていたのが右の写真の桜餅。
桜色に色づけされた小麦粉や白玉粉の生地を焼いて、あずきあんをクレープ状に巻いて、さらに桜の葉で巻いてあります。

左の写真の桜餅は上方(関西)で作られていたもの。
もち米を蒸して干し、粗めにひいた道明寺粉を使った皮を桜色に色付けし、あずきあんを包んでさらに桜の葉で巻いてあります。
家庭ではもち米で作ることが多いですけれど、道明寺粉がもともとの原料なんですね。

さて、「桜餅の葉」ですけれど、私は「食べる派」ということを最初に言いましたが、
実はこの「葉」を食べる食べないにも地域差があるようですよ!!

関東・関西では形も全く違うので、使われる葉の大きさが違うんですって!
関東では少し大きめのものが使われることが多いそうです。
これは見栄えが良いからなんだそう。
比べて、関西では少し小さめのものを使うそうです。
そして食べるのが多いのもこの関西の桜餅の方だそうですよ!

桜餅に使われる「桜の葉」は、塩漬けされたものが使用されます。
桜の香りを楽しむためや、見栄えをよくするため、塩による防腐効果などが期待されていたみたいです。
なので、桜の葉は取って食べる事が多かったんですって。

誰が取らずに食べるようになったのかしら…。
うーん、私が想像するに…

きっと横着者のちょんまげメンがそのまま食べて「うめー!」とか言ったに違いない。
そして、「梅じゃなくて桜だヨ」とイケメン商人が言ったに違いない。

違うよ☆

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


こんなんで終わっても大丈夫ですか?

さて、次回3月24日(火)の大安吉日はいのうえさんの登場で~す!
いのうえさんはあんこが苦手って言ってましたけど、学生の頃茶道部だったんですよね!?
お抹茶に添えるお茶菓子で何が好きでしたか??
わたしも文化祭の時に自分の学校のも他校のも茶道部のとこに行ってお茶とお茶菓子をいただいていたものですわ~。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oishie.blog24.fc2.com/tb.php/78-2c099a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック