FC2ブログ
おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
今日はひなまつりですよー!

こんにちは(・ω・)
こちらは今朝雪が降っていましたー。
3月になりましたがまだまだ冷えます。
みなさん体調はいかがですかー?
わたしは今はバリ元気です☆


ほんだいさんに「春の楽しみ」を聞かれましたヨ。

ふむー、春の楽しみ…楽しみ…

食べ物かしら?
やっぱり春は旬の食べ物がたくさん出回りますからねぇー。

あとお花見?
お花見大好きです!
4月は毎週末桜を見に行きます。
お花見の楽しみの半分は出店ですけれどー(^m^*)

春を先取りしようかと、先日「いちご」の食べ比べをしましたよ!
「あまおう」と「さがほのか」の食べ比べ!
なんて贅沢!!
「あまおう」は真っ赤で見るからに甘そうな姿…。
それに比べて「さがほのか」は少し色みは「あまおう」に負けますが、とにかく大きい!!
この食べ比べはステキすぎる~!

結果は、「あまおう」は甘味を楽しむいちご、「さがほのか」は爽やかな酸味と香りを楽しむいちごという感じでしたーー☆

わたしの一意見ですのでね、結局好きずきですよ。
ただ、食べ比べはよくない!(笑
どちらかの美味しさを半減させてしまいます!
どっちもそれぞれ美味しいのに!
というわけで、いちごを食べる時は一種類のものにすることをおすすめします。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


さてさて、今日はもちろん「ひなまつり」についてですよね!

女の子のお祭りの日、「ひなまつり」です☆

今年は久しぶりに私のお雛様が床の間にお目見えしています。
嬉しいな~~♡

姪っ子ちゃんのが右の。
左がわたしの。わたしのお雛様は3頭身でかわいいんですよ~。
わたしが小学生の時に折り紙で作ったお雛様も飾ってあります。
わたしの住む地域は旧暦でひなまつりをしているので、とりあえず4月3日までは飾られる予定です。

「ひなまつり」って子どもの頃はあんまり思い入れもありませんでしたが、大人になってからその意味とかを知ると、お雛様をちゃんと飾ってあげたいな~とか思うようになりました。

お雛様はわたしの身代わりになってくれているお人形なんですよね。
昔は「ヒトガタ」に子の災厄をうつして祓っていたそうです。
それが立派な雛人形へと文化がうつり、今のお雛様になったそう。
現在のお雛様は天皇皇后両陛下のご婚礼の儀のご様子を表しているとか。
とてもステキな結婚式の様子ですね。
女の子ひとりに一人のお人形を、ということで、4姉妹とかはどうなっているんでしょうね。気になる。
親子で飾るのも良いそうです。
床の間いっぱいに☆


子どもの頃のひなまつりって言えば、
給食で「ひし餅ゼリー」が出るとか、「ひなあられ」が食べれるとか、あと「ちらし寿司」とかねぇ。
食べ物ばっかりかよ!!

そういう食べ物にも意味があったわけですねぇ。
知っていますか?

「ひし餅」
もともとは子孫繁栄と長寿の力があるとされていた「ひしの実」の粉で作られていました。
赤は厄除け、白は清め、緑は健康をあらわしていると言われています。
この色は、「大地が雪の下から顔を出して花開く」春の様子を表しているとも言われています。

「ひなあられ」
もともとは非常食だったと言われています。
関東はポン菓子のような米粒大で甘いもの、関西は角切りにした餅を炒って醤油などで味付けしたものです。
関西ではもともと菱餅を砕いて炒ったのが始まりとも言われてます。

「ちらし寿司」
お祝いには欠かせないものです。
「ひなまつり」の時期は春の訪れとともに、上の具も彩り華やかになります。
ちらし寿司の上には「赤・緑・茶・白」の食材を飾る事で、「春夏秋冬」の一年間を表し、その上に錦糸卵を太陽に例えて乗せているとも言われています。


はいー。
今日はひなまつり当日ですからね、そんなに役に立つ情報はわたしから出てきませんよー。
おいしeレシピWEBでもスペシャルコンテンツとしてひなまつりコーナーができていましたが皆さんもうご覧になられました??

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


今日は帰ってちらし寿司を食べるぞー☆

さて、次回3月5日(木)はいのうえさんの登場です!
いのうえさんは美味しいお店をいっぱい知っているイメージですが、最近食べた物で一番美味しかったものは何ですかー??(^-^)
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oishie.blog24.fc2.com/tb.php/73-b3700018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック