FC2ブログ
おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
大寒はおぉ~寒ぅっと読むのです(ウソ)

わたしの2009年最初の記事になります。

お正月もとうの昔に済みましたので、皆様、あけましてこんにちわ「はやま」です。
今年もマニアックで攻めます(笑)よろしくお願い致します。

そんなマニアックさ全開の私にとって流行のお笑い芸人とはホトホト縁がありません。最近の中ではパンツをたくさんはいてる人が、鼻で笑える感じです。あと、ちょっと昔になってしまうかもしれませんけど、やたらと嫁いで行く人とかもたまにツボに入ります。

強いて言うなら『よゐこ』のお二人かな。ゲームとディズニーつながりですけど(笑)
CS放送でやっている某番組で有野さん大好きになりましたから。こんなところでよろしいでしょうか?おおいしさん(笑)

さて、本日、1月20日は二十四節気の一つ『大寒(ダイカン)』にあたります。
『大寒』ってなーに?てな具合で調べてみると・・・

この日は、太陽黄経が300度のときで、寒さが最も厳しくなるころ。『暦便覧』では、「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説明している。
寒の真ん中で、一年で最も寒い時期である。武道ではこのころ寒稽古が行われる。(wikipedea「大寒」より)


ちなみに、今年の太陽黄経が300度になる時間は1月20日の午前07:40頃だったそうですよ。・・起床時間付近が寒いと寒さが余計に身にしみますよね~(>_<)

武道では寒稽古が行われるのがこの時期だという事で思い出したのですが、私、小学生の頃に剣道をやっていた経験があります。確かに寒い思いをして朝早くから学校の体育館で走っていましたね~。
剣道着に前垂れと胴をつけて『裸足』で氷の様な体育館の床の上を走るんです。ぐるぐる・・ウォームアップのつもりだったのでしょうが、霜焼けになる子が続出してましたね~。(私は霜焼け未経験者です)

でも私の頃はまだ「子どもは風の子」なんてことわざが通用していた時代ですから、へっちゃらな訳です。たとえ寒かろうが、雪が降ろうが、一年間半袖のTシャツと短いパンツで過ごした子もいましたからね~。(・・私ですが何か?w)

あと、懐かしいのは乾布摩擦。保育園の時にパンツ一丁で縁側に放り出されて、みんなでタオルで体をこすっていた記憶があります・・・ちょっと激しすぎますよね(笑)
ところで、この『乾布摩擦』ですが、最近は知らない人もいると聞いた事があるので、ちょっとしらべてご紹介しましょう。

乾布摩擦(かんぷまさつ)とは、直接肌を乾いたタオルなどで擦る健康法のこと。

自律神経のバランスを整えて免疫力を強化し、主に呼吸器疾患の予防に効果があると言われている。その作用機序には、鍼灸治療の効果の一因とされる、軸索反射や体性-内臓反射が関わっていると考えられる。

特別な器具を用いないため、広く民間療法として知られ、日本や北欧などで行われている。アーユルヴェーダのガルシャナ(サンスクリット語で「摩擦」)が起源との説もあり、それによれば絹製品を用いると特に効果が高いという。日本では風邪の予防法として、小学校・中学校・幼稚園・保育園・老人福祉施設などで行われることもある。(wikipedia「乾布摩擦」より)


もう文章だけを読むとなんて『グローバル』で『ファンタスティック』な健康法なんでしょう・・なんて思いますよね。しかもとある大学の名誉教授は乾布摩擦により、顔から躯幹部での正中線に近い部分に沢山存在している皮脂腺から分泌される皮脂を、毎日取り除いてやると、体脂肪を減らし、体重を減少させる効果も期待できる。なんて述べているんだとか??

こんな事を聞いちゃうと更に『乾布摩擦』が魅力的に見えて来ますよね~♪

ま、やせるやせないは別として、免疫力の強化を期待するにはこの時期ホントにありがたいお話です。この冬はさっそく新しいタオルをおろして、乾布摩擦をやってみようかなーなんて思います~。

最近は『風の子』ではなくて『風邪の子』が増えてますから、どうぞ皆さんお気をつけ下さいね。


さて、次回更新は1月22日(木)担当は「ほんだい」です。

ほんだいさんは『乾布摩擦』ってした事ありますかー?
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oishie.blog24.fc2.com/tb.php/61-f3c26be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック