FC2ブログ
おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
冬至
みなさんこんにちは(*^0^*)
今今日はおおいしが担当で~す!
いのうえさんからバトンを受け取りましたぜよ。
今年やり残したことねぇ。。。
去年はい~っぱいしたのに、今年は鍋パーティを一度もしていない。
それからそれから、TV番組の「食わず嫌い」のゼリー部門第1位に輝いた(2007年7月放送)
岡山の完熟トマトゼリーだと思い込んで食べたところ、どうも偽物らしい~(悲)
てな情報をゲッツ! ただいま新たなものを手配済み(^Q^)
あんなに注目を集めたのだから、岡山県民としては絶対に食べなくては•••••
なんて食べ物ばかりの内容ですワ



さてさて、本来ならば明日23の火曜日が更新日なのですが、
明日は「天皇誕生日」でお休みのため、本日に前倒しさせていただきました。


それではすすめて参りましょう。
12月22日(月)は、何の日でしょうか?
私の得意分野
食べものつながりで語ることができそうです(^Q^)
実は12月21日(日)冬至なのですが、前後の日ということでお許しくださいませ。

++++++++++++++++++++++++
「冬至」についてお話しましょう。
++++++++++++++++++++++++



冬至ってなぁに!? てな質問について
冬至とは、一年中で昼間が最も短くて夜が最も長い日のことを指します。
2005年に東京で測定されたデータによると、
昼間:9時間45分 夜:14時間15分だったらしいです。
冬至は、生物に対して活動を弛めさせ、人間にも休息を伝える日です。

つぎに、冬至とカボチャのつながり!? について

冬至!と言えば、カボチャですよねぇ。どうしてカボチャなのでしょうか?この日のカボチャには中風や風邪を予防する霊力が備わっていると伝えられています。栄養的にはカロチンやビタミンC、ビタミンB群等を含んでいて、保存性も良く、冬超えには最適の食材なのです。
この他にも、「土用の丑の日」のに対し、冬至は豆腐や唐辛子など、のつくものを食べると風邪をひかないという地方もあるようですよ。


最後に、冬至と柚子風呂!について

冬至柚子の関係については、柚子を食材に用いるのではなく、「柚子湯」として一般的に知られています。あの香りで気分爽快♪な感じ!!
柚子は寒~いこの季節の風物でもあります。風邪予防、肌荒れ・あかぎれ対策に最適の食材ではないでしょうか。
これは、江戸時代からの庶民の知恵の腸だそうですよ!
それでは、柚子の効能について少しだけ・・・
柚子の精油成分であるピネンやシトラールが皮膚を刺激して血行をよくし、温熱効果もあるので冷え症やリューマチ、神経症に良いんですよぉ。絞り汁をすり込めば、ひびやあかぎれにも効き目あり!です★



この他にも、「小豆」小豆粥として冬至に食べる風習がありますよね。
冬期に保存しやすい小豆を健康維持のために食すんです。病気の鬼が小豆の赤を恐れるという言い伝えもあるらしいです。
「こんにゃく」を食べる習慣もあるようです。
僧侶の間では「砂払い」として食されてきたそうで、体に蓄積された砂や良くないものを排出させるという意味があるらしいですよ。
皆さん!冬至にはゆず湯に入って豆腐のみそ汁を飲み、カボチャを食べて温まりましょうね。
明日はみ~んなお肌スベスベピカピカですね(笑)
健康管理の行事といっても過言ではない冬至!!ぜひぜひ楽しんでみてくださいねぇ

ではでは最後に、かぼちゃを使ったレシピを紹介しまーす!
定番は「かぼちゃ煮」や「かぼちゃの大豆煮」でしょうが、ちょっとひとひねり!
簡単な洋風かぼちゃ料理はいかがですか~?
チーズをふりかけるので、子どもさんもきっときにいるハズ!

   かぼちゃのグリル焼きサラダ


お試しあ~れ~

~キーンコーンカーンコーン



チャイムもなりましたので、このへんで!
今年 私のお当番はこれで終了!最後まで読んでいただきありがとうございます。
2008年をふりかえれば、さまざまなことがありました。良いことも悪いこともた~くさんありましたよ。。。来年の私の目標は・・・・・・・ん~年があけるまでに考えておきます(笑)
それでは、皆様、今年一年お世話になりました。気の合う仲間とパーっと忘年会でもして、嫌なことなんか忘れて新たな気持ちで2009年を迎えましょう!
年明けにまた「こうかん制作日誌」でお会いしましょう(*^0^*)

~さよなら さよなら さよなら~



次回担当は……12月25日(木)!はやまねえさん
ねえさんの2009年の目標は何ですかぁ?
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oishie.blog24.fc2.com/tb.php/54-787d9486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック