FC2ブログ
おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
★節分★
 みなさん、こんにちは~(=゚ω゚)ノ
2009年はじまってからもう一ヶ月が過ぎましたよ。早い!ですねぇ。
2月になって、私たちの「スタッフ交換日誌」がなんとなんと、ブログ化されましたよ。♫
「それがなにか!?」って言われたらそれまでなんですけどね(笑)
まぁ、長い目でみてやってください。宜しくお願いしまーす。
さてと、いのうえさんからのバトンを繋ぎますね。
→恵方巻きを食べたかどうか?って。。。そういやぁ今日は2月3日!節分ですね。でも、でも、今日はお弁当!なんです。お昼には食べれそうにないので、夜ご飯に食べますね(゚∀゚ ) 

ってなことで、本日2月3日は皆さんご存知の「節分の日」

どこのスーパーに行っても「バレンタインチョコ♥」に負けないくらい鬼の顔をよく目にします。 だって節分ですものねぇ。
私が今年食べなきゃならない大豆の数は…………?
小さい頃の豆撒きを思い出しますねぇ。「鬼は~外!福は~内!」って叫びながら、豆撒きしてました。投げるのが楽しくて楽しくって。親は後始末に苦労してましたけど(笑)
それではここで、「節分」についての授業をしておきます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
                節分

節分は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を指します。現在、節分といえば、立春の前日を指すのが一般的になっているようですけどね。では、節分に豆を撒くのはなぜなのか?一つ面白い言い伝えをご紹介しましょう。

むかし、むかし、ある京都の山に悪い鬼が住んでいました。あるとき、七福神の1人が現れて、大豆を鬼の目をめがけてなげて、退治するようにと言い残したのです。魔の目(鬼のこと)→「魔目」をめがけて豆をがげれば、魔を滅する(退治する)ことができるということから、節分には豆をなげるようになったとさ。めでたし、めでたし。

なんてお話があるそうで。日本むかしばなし風に語ってみました。

自分の年齢(数え年)の数だけ食べるんですね。もしくは、自分の年の数より1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもあるようですよ。
節分には、豆撒きの他にも、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てて厄払いをしたり、その年の恵方に向かって巻き寿司をまるかぶりし、その年の福を呼び込んだり!っていう風習があります。今年の恵方は「東北東」ですよぉ~。縁をきらないように、丸ごと一本!おしゃべりをせずに、東北東を向いて恵方巻きを丸かぶりしてください。
幸せ!丸かぶりですよ!!
                          き~んこ~んか~んこ~ん


ではでは、チャイムも鳴りましたので、このへんで!さよなら さよなら さよなら

次回更新日は、2月5日の木曜日です。はやまねえさんの登場ですよ。
社内報 大懸賞クイズに正解してDSが当たったんですよねぇ。。。いいなぁ 


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oishie.blog24.fc2.com/tb.php/42-f3bdb34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック