FC2ブログ
おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
暑い夏はそうめんでさっぱりと!

はいはぁ~い♪♪
今日の担当は私です~。
髪の毛薄いんです。毛が細いんですよぉ。
すぐペチャンコになっちゃうんで、ボリュームがほしいです。
コテで巻いてみても夜にはストレートに戻ってしまいますからぁぁ。

木曜日はお料理用語編なんですよねぇ…。
あんまあり難しいことは、続かないので、簡単にいきましょう☆★★☆★★☆★★☆

はぁ…暑いですね~。暑いという言葉がついつい口癖になっちゃいますね。
7月も半ばですよ。半ば!!あっという間ですね。
そういえば、七夕に星見るの忘れてましたぁ。(-_-;)ショック…。
年々、時が経つのが早く感じるようになってきました。
こうやって歳をとっていくんですね~。。。なんか切ない。。。

そんな夏真っ盛りの今日のテーマは「そうめん」でいきましょう。
もうすぐ梅雨も明けていちだんと暑くなりそうですね。
そろそろ蝉の声がうるさくなってきますね。
なんか無条件に↑↑テンション上がります↑↑
ビールがおいしい季節到来ですっ↑↑プハー↑↑


そんな夏は、お中元でもらったりで、そうめんを食べる機会も多いハズ。
夏バテ気味で食欲がないときに、もってこいなくらいさっぱりしてますよね。
そんな「そうめん」が今日の主役!!
まず、そうめんの1人分の量は、乾燥している状態で、1.5~2束くらいが目安です。
まぁ、あくまで目安なので、いっぱい食べたいときは多めに、食欲がないときは少なめにしてくださいよ~。

ではでは、そうめん調査隊レッツGO~♪♪
Mission①差し水をせよ!!
たっぷりのお湯にパラパラとそうめんを入れたら、すぐにひと混ぜする。たっぷりのお湯っていうところも重要ですよ。
ふきこぼれそうになったら水をさす。
↑これを「差し水」または「びっくり水」と言います。この水の量は、沸騰がおさまるくらいの水で十分!!
この「差し水」をすることによって→そうめんに均一に火が通ります
再び沸騰したら、1本水にとって食べ、芯がなければ、茹であがり!


Mission②もみ洗いをせよ!!
茹で上がったそうめんは、ざるにあげて湯をきり、流水でもみ洗いをしてぬめりを落とす。この「もみ洗い」が重要!!冷たい水の方が麺がしまり弾力がでるので、必ず流水で!!水けをきったら、氷水にいれると、そうめんがくっつかず、のどごしもよくなりますよー。

どうですか~そうめんの茹で方。
この「差し水」「もみ洗い」のポイントをおさえておけば、きっと大丈夫!!
おいしいそうめんに茹であがるハズ。


あっ!でも、そうめんって飽きますよね??
今さらですが、基本的に私は、そうめんってあんまり好きじゃないんですけど…。
あくまでも個人的な意見ですけど、
なんか味気ないっていうか、さっぱりし過ぎっていうか…。
もっと違う食べ方発見したくないですか???

私的には、炒めそうめん(そうめんチャンプルー)なんかが魅力的ですねぇ。
そうめんなのに、ガッツリな感じがいいですねぇ。
他にも、そうめんサラダなんかもいいですよね~。

調べてみると、
そうめんって意外と色々な食品に合って、色々な食べ方があるんですね。
新発見です!!!(*'-'*)

それから、そうめんって残りがちですよね??
そんなときは、どうすればいいんでしょう??


Mission③そうめんの保存について調査せよ!!
そうめんは保存食品なのですが、湿気が嫌いなんですよ。保管する場所によっては、カビや虫が発生する可能性があるので、ちゃんとした場所にしまってください。

①風通しの良い、乾燥した場所(床下収納や押し入れは避けてください)
②他の匂いを吸収しやすいので、匂いの強いものの近くには置かないでください。
③天気の良い日にそうめんを箱から出して、数時間陰干しをすると、虫やカビはつきにくくなります。



そうめんについての報告は以上です。
まだまだ暑い夏。そうめんでちょっとでも涼を感じてみてはいかかですか??
ではでは、
次回の更新は、7月17日(火)です。
担当は、最近夜ウォーキングとジョギングをしているらしい「やまもと」さんで~す。夜道は危険がいっぱい!!気をつけてくださいね。
ヾ(*゚Д゚)おーい!
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oishie.blog24.fc2.com/tb.php/31-d0b10b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック