おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DREAM GIRLS
hayama.gifどうも、はやまです。

おおいしさんの質問…最近おすすめの著書ですか~。
最近めっきり活字を読まなくなりw漫画の方が大好きですw
ということで…最近読んでいいと思った小説やエッセイって
ないです(ノД`)シクシク ごめん…。

さて、そんな活字離れの私ですが先月5月29日に渋谷の
Bunkamuraオーチャードホールにて表題のミュージカルを
観て来ました。

元々映画でこの物語の存在を知ったのですが、映画も観たいと
思っていて見に行く機会を逃してしまい、結局今の今まで観ず終い。
ダイアナ・ロスが所属していたThe Supremes(スプリームス)での
お話を脚色したのがこの「ドリームガールズ」なんです。

スプリームスって昔は「シュープリームス」と呼ばれていて
小さな頃の記憶として「シュークリームみたい♪」というイメージが
強くあり、その存在自体は詳しく知らなかったのですが…。
3人組の黒人女性ユニットだと言う事はなんとなく知っていました。
「Stop! In the Name of Love」を歌っていた人たちだというのも
知ってました…そんな「知ってました」程度の知識なんですが…(笑)

このドリームガールズ、ブロードウェイミュージカルにありがちなストーリーの
ぶっ飛んでる感があまりなくて、非常に物語が判り易くシンプルな作りでした。
だからあちらのミュージカル初心者のわたしにとってはとても楽しめました♪

舞台演出も凄くて、以前観たコーラスラインはミラーパネルでの演出、シカゴは
階段での場面構成だったのですが、ドリームガールズはモニターパネルでの
演出で、映像と舞台のコラボレーションが実に巧みでした。
おまけにオールブラックな曲もすごい!歌声は今までライブで聞いた中で
一番心に響きました。ゴスペルってすごいですね…(感動

「体全身で芝居を見る!」

そんな感じでした。一幕終わりのエフィーのソロのシーンでは
魅入りすぎて力が凄く入ってしまっていて、涙があふれてしまい、
幕が下りた後、ものすごく汗をかいてましたww

二幕の「one night only」はこのドリームガールズいちと言える
有名な楽曲ですが、ココから以降の大団円までの勢いがとても
気持ちよくて、最初から通して退屈な場面が一つもなかったです。

実際のスプリームスではこの物語の様に上手くはいかず、
それぞれがバラバラになり、悲劇を遂げてしまった人物も
いるそうで、それを知っていただけ余計に物語の中だけでも
こう言う終わり方でよかったなぁ~と、なぜか安堵で終わりましたw

それにしても歌とダンスは半端ないです。

終演後はスタンディングオベーションの上、2度のカーテンコール。
もー感動で全身が震えました。ミュージカルで声援を送ったのも
生まれて初めてです。

チャンスがあればあともう一回みたかったですが…
残念ながら時間的にも金銭的にもw無理だったので、
映画で我慢しようかと…(我慢てw

いや、でもね、ホント、色んな制約や差別の中で夢を持って
生きる人たちの姿がナマナマしく交錯していて感慨深い所もありました。

またひとつ素敵な物語を観る事ができましたよ♪


そう言えばこの間コピーライターの先生とお話する機会がありまして、
先生の名刺には色んな言葉がランダムに書いてあるんです。
それを十数枚ほどの束から裏を向けたまま

「今のあなたにピッタリな言葉がきっと選ばれるわよ」

なんて言いながら差し出されたので、じゃー真ん中で♪と
引くと、そこには

「あきらめない やってみる! やり遂げる」

という三文字が書いてありました。…うん確かに。
なかなか難しいけれど、I have a dreamなのです。

この三文字はとても大切だと思いました。
良い言葉と出会えて良かった良かった^^
ちゃんと言えませんでしたが先生には感謝です。


おーまじめな事を書いてしまったーーー頭から煙出そうだから
そろそろやめるーw次はほんだいさんだー。

おおいしさんの質問をそのままスルーパスw
最近読んで面白いと思った本はなあに?

スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oishie.blog24.fc2.com/tb.php/150-bee72ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。