おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タオルができるまで。
またひとつ年を取りましたw(●´(ェ)`)ノ゙

きょうの担当、ほんだいです*hondai1.gif

私の誕生日2/6は、龍馬と…福山雅治さんと同じです。(だからナンだ)

ついでに2/6はのりの日です。(だからどうだってんダ)

ついでに2/6は我が兄と同じ誕生日です(ゎぉw)
もちろん双子っていうオチではないですょ。

昔は、誕生日ケーキがひとつだっていう事がめちゃくちゃ嫌で、
誕生日はお姫様状態の友達がうらやましかった。。。(;ωノ|柱|

さてさて、そんな話はおいといて。
今日紹介するのは…「お料理」の作り方ではなく、

「タオル」の作り方
というか、タオルができるまで!!デス


顔を洗うにも、
手を洗うにも、
お風呂に入るにも、
湘南の風のライブに行くにも…

とっても身近で欠かせない存在ですよね(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン


先日、愛媛県は今治市「タオル美術館」へ行って参りまいしたょ♪

紡績の段階からタオルができるまで、ざっとですが行程を見学できます。


「綿花」つまり綿の原料となる花は収穫され、流綿機という機械にかけられます。
091121_1339~02

綿花の繊維のもつれや不要なものを取り除き、繊維の流れをそろえてロープみたいにします。
この段階では綿花を棒状にしてあるだけだそう。



次に、練条機(れんじょうき)という機械に移され、
さらに繊維のむらを無くし、平行にそろえていきます。
091121_1340~02

ここでは、糸が上に吸い込まれて
隣の粗紡機(そぼうき)にうつって、その間にググっと延ばされます。
まだミシン糸の様なきれいな細く均一な糸ではないですょ。
091121_1341~03

ただ、スピードが早すぎ&細すぎて、説明見ないと、
上から下か、下から上か、向きも分からないほど正確カツ、迅速に動く動く・・・。

オツカレサマデフ(c_・`。)ヘヘ(・ω・`。)モミモミ



で。

最後の試練。。
091121_1344~01

先ほど粗紡機でできた糸を円状にセットし、
真ん中の穴につないで、編み込んでいます。

だからあんなによく吸水して、ふわふわになるんだね*

これでやっと元となる繊維が完成。
そりゃ、ホントに「綿花」から始まるんだもん、大変だよね。


見てみると、ドレッドヘアのお兄ちゃんどれっど
が、
さらさらヘアになるような、

さわやかな感動ですね?

さて、丹精こめて作られた繊維は、
天井ほどある機械で、がっしがしと編み込まれていきます。

ちなみに、この際にタオルのパターンを入力することで色んな柄や編み方になるのだとか。
力技!みたいな機械ですが、とってもお利口サンなのですね (・⊥・)ヽ(゚∀゚●)ヨシヨシ


最近は100円ショップでも売られているほど、
安価で手に入るようになったタオルですが、
こんなに大変やったのか、となんだか愛おしくなった私でしたw

ちなみに、「今治タオル」はタオルのブランドとして
「地域もの」が流行っている今、また見直されているようです。

確かに、美術館併設のお店では安いとはいえなくとも
とっても肌触りの良い、色とりどりのタオルが販売されてました。

たまには、小学生の気分に戻って「もの作りの過程」を見てみるのもいいですね?

ちなみに、見学コースの最後には、こん~な素敵な動物園&水族館っっっ!!!

091121_1358~03 091121_1355~01 091121_1352~01


カワイイ━━━(○´3`(●´3`(○´3`(●´3`(○´3`)━━━!!!

はいはぃ、というわけで今回は愛媛の誇る「今治タオル」の作り方 でした
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oishie.blog24.fc2.com/tb.php/133-4910e601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。