おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちわー♪
今日の担当はいのうえです。

2010年になって早1ヶ月が経とうとしていますね…。
歳をとるたびに1日、1週間、1ヶ月が早く感じますね。。。

今回は今年1回目という事なので、とりあえず今年の抱負を!
うーん、

今年のテーマは「ゆっくり のんびり あせらずに」ですかねー。

あとはイライラしない事を心がけたいと思いますっ!



うーん、ネタがない…
というわけで1月26日の今日はいったい何の日か調べてみることに。


1月26日の今日は「コラーゲンの日」だそうです。
コラーゲンと言えば、ここ最近ではコラーゲン鍋やらコラーゲンボールなるものが流行ってましたねー。
私も何度か食べましたよ!
コラーゲンボール入りの鍋!
そのネーミングだけでなんだかお肌がぷるぷるになった気分になりますよねー♪
実際はどうか分かりませんが…。。
いいんですっ!気分で。

 + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

ところで「コラーゲンの日」ですが、どんな日なのでしょう?

「コラーゲンの日」
1960年(昭和35年)の1月26日、日本皮革の研究員・西原富雄氏がコラーゲンの可溶化に成功し、特許を取得したことを記念して制定されたそうです。この特許を出願した日が1月26日だったそうです。この可溶化によって食品などへのコラーゲンの利用が容易になったわけです。

 + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

今からちょうど50年前の1960年と言えば、
私はまだ産まれていませんが、カラーテレビの本放送が始まり、国民所得倍増計画が発表された年です。
コラーゲンはそんな時代から研究されていたんですねー。
長い研究をかけて現在のように利用されるに至ったわけです。
想像もできないですね。


でもそもそもコラーゲンとは何なのでしょうか?

コラーゲンとは、身体を構成するタンパク質の一種で、全タンパク質量の3分の1を占めています。そのタンパク質は、20種類のアミノ酸の組み合わせにより成り立っていて、その形や働きは異なります。現在、身体の中には29種類のコラーゲンが確認されていて、発見された順に?型、?型、?型…と名付けられていますが、いずれも一定の決まった並び方で成り立っています。例えば、?型コラーゲンは皮膚、骨、腱などにもっとも多く含まれており、?型コラーゲンは軟骨に、また皮膚や血管壁には?型コラーゲンが比較的多く含まれています。用途によってそれぞれの働きを担っていて、構造や分子量によって性質が異なっています。


うーん、なんだか難しくてよく分からないですが、
コラーゲンは様々なところで使われているんですよー。
生物由来のタンパク質であるコラーゲンは、その安全性の高さから、食品分野、医薬・医療分野をはじめ美容分野へと使われるようになったそうです。

美容成分としての化粧品、シャンプー・リンス、お菓子、調味料、レトルト等の食品、サプリメント等の健康補助食品等への使用はよく知られていますが、それ以外にも身近なところで使用されているんです。

食品として意外なのは「ソーセージの皮」です。
もちろんソーセージには豚や羊などの天然の腸を使ったものもありますが、
コラーゲンを皮状にして作られているものもあるんです。

医療分野でも「注射薬の安定剤」「火傷の被膜材」「手術時の癒着防止剤」「薬のカプセル」など無くてはならない役割を果たしています。

その他にも「写真用フィルムの安定剤」などに使われています。


なるほどー!
今まではコラーゲンといえば、美肌!だと思っていましたが、身近なところに色々使われているんですね!
特に薬のカプセルなんてものすごく身近ですねっ!

それからこれから未来に向けて研究者の間では、肌細胞と深く関連するものとして、再生医療等の最先端分野での活用がテーマとされているそうです。
とっても大きな可能性を秘めているんですねっ!


今日はこのへんで♪
次回の更新は2月2日(火)、担当はおおいしさんですよー!!
2月に入れば、あっという間に一大イベントのバレンタインですよ♥
おおいしさんオススメのチョコレシピはありますかー??
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。