おいしeレシピ制作委員会スタッフ交換日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春うらら。

「セーラームーンの役をどっちがやるか」で いとこ と本気でけんかをしました。
今回の担当ほんだいです@@

…なんて前ふりをしましたが、
私のヒーローは、泣く子も黙る「水戸黄門」!!
セーラームーンは、ヒーローっていうより「アイドル」って感じですか)

祖父は水戸黄門が大好きな余り、あごひげをたくわえていたほど。
祖父母にとても可愛がってもらっていた私。
一緒にいるときは、もっぱら水戸黄門のテレビを見て真似していました。

身分を隠して、親しみやすい人柄やのに、悪者を一瞬にして黙らせる…
そして、小学生の私でも開始5分で分かるあの善悪の分かりやすさ。
それでも、彼らは私のヒーローでしたね。。。

ところで、毎日見ていた方(いるのかなぁ??)はご存知でしょうが、
水戸黄門のあの「この紋所がっっ…!」の名物シーンは、
毎回ほぼ同じ時間、誤差2・3分程度の正確さ(笑)

学校から帰っても、そのシーンに間に合えば満足出来た私ですww

さて、水戸黄門について語りだしたらきりがないので、そろそろ今日のテーマをば ヽ(・ε・`チェッ


明日で2月も終わり。
気がつけばもう2月が終わろうとしています…
早いものです。

早いものです。
もう、私の当番だなんて…っノ)゚Д゚(ヽヒー!!

世間では受験や新生活の話題が盛り上がっています*
早いものです。また春が来るんですねぇ。

春!といえば!!
いちご!お花見!新生活!!なんてお気楽な私の頭ん中(・ε・`●)ふ(・∀・`●)は(・∀・`●)は

そして春っ!といえば、
今日は、その代表格、「菜の花」について

来るべき3月3日の桃の節句でも、飾られるお花ですね♪

我が家に届いた春のおすそけですo(●´U`●o)
 叔母が作った菜の花

   菜の花のおひたし



菜の花と聞いて、黄色い花を想像するかたもあれば、
このおひたしのように、鮮やかな緑の菜を思いつく方もおいででしょう。
実は、アブラナまたはセイヨウアブラナの別名の他、アブラナ科アブラナ属の花を指します。
菜の花の「菜」は食べられるという意味も@

給食なんかで、よくからしあえででていましたが、
小さい頃はえぐみが強くって食べられませんでしたねぇ…

今じゃぁ、「この苦みがたまらなぃ…」って、止めどなくおやじ臭いw

春の山菜こ苦味は冬の間眠っていた体と頭を目覚めさせる効果があるのだとか。
菜の花にはカロチン、ビタミンB1、2、C、E、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維が含まれています。
それぞれの栄養素が豊富にバランスよく含まれていて、栄養価も高い。春の野菜の代表格*


菜の花という名前は、植物学上の名前とは違うのですょっヾ[・Å・`●]oc<
通常、菜の花といえばアブラナ、なたね(ほんとは採取した種子)のことを指します。

アブラナ科の植物といえば他にもコマツ菜、白菜、キャベツ、カブ、ブロッコリー、大根などがあります。
とっても身近な野菜ばかりですね**

さて、話は菜の花に戻りますが
実は菜の花って、成長とともに名前が変わるってご存知でした??

 若い茎葉が食用になるときは「アオナ」
 花をつけているときは「ナノハナ」
 そして、種ができると「アブラナ」と呼ばれるのだとか。

 私は全部違う植物なのだと思っていましたwややこしいです;;
 

そして、別名の「なたね」
「なたね」は「菜種」と書き、その油は昔から灯火、食用油、 潤滑油などに使われ、搾りカスは肥料に使われていました。

最近のエコ志向で、なたね油で廃油をリサイクルする取り組みも
滋賀県から始まり、全国で「菜の花プロジェクト」として広まっているそうです。

見た目も味も、その種まで優しい菜の花ですね@

♪野に咲く、花のように~♪
 あぁ、白いタンクトップにハーフパンツでリュックを下げて、
 今にもあの人がやってこないかな…

 まだまだ寒い日が続きます。
 くれぐれもタンクトップでおにぎりを求めて彷徨ってしまわれませんように…
 菜の花はまだ「アオナ」です。凍死します。

 ご自愛くださいませ。。。|゚∀゚)ノ))))

次はくやまさんっ*
くやまさんの「春の楽しみ」って、なんですか??
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。